LEDランタンを作ってみる

公開日: 電子工作 | ,

太陽電池を有効活用する為に、LEDランタンを手作りしてみました。

ランタンの本体となるのは、100均で売っているアルミ蓋キャニスターと言う物を利用しました。
キャニスターはガラス製で透明なので、光を乱反射させるためにトレーシングペーパーを筒状にして中に入れています。

アルミ蓋キャニスター トレーシングペーパー

LEDは、秋月電子で売っている、白色角形LED(OSW443Z4E1P)を利用しました。
1つのランタンにつき、3つのLEDを使っています。
ユニバーサル基板を半分に割って、LEDを配線し、グルーガンを使ってアルミ蓋に接着しています。
アルミ蓋は導電するので、基板裏のショートに注意。
あと、グルーガンは強力過ぎて、付けたり外したりが面倒になります。
そんなに強度は必要無いので、取り付けは両面テープ等のほうが良いかも。

LEDランタン蓋部分

このランタンには、1kΩの抵抗を使っています。
省電力ですが、若干暗いので、もう少し小さい値の物を使う方が良いかなと思いますが、現在試行錯誤中です。
LEDはtypに30lm@30mAと示されてるので、電源が12Vバッテリーであれば、150~200Ω程度で使うのが一番明るいのかも?

LEDランタン配線図
LEDの配線は、このようになっています。

パーツリスト

名前 個数 価格
100均アルミ蓋キャニスター 1 105円
白色角形LED(OSW443Z4E1P) 3 120円(@40)
抵抗1k 3 3円(@1)
ユニバーサル基板(半分) 0.5 35円(@70)
電源ケーブル 適宜  

 完成

手作りLEDランタン

1つ約300円でLEDランタンが出来上がりました。
3つで約1000円と、安いのか高いのかは微妙ですが、まずまずの仕上がりで自分では満足の行くものが出来たと思っています。

消費電力は、ランタン1つ(12.8V・抵抗1kΩ利用)で約12mA
3つで、0.5Wにも満たない。
これだけ少なければ、バッテリーでの連続使用も気になりません。

明るさは・・・とても暗いですw
感覚的には、ベッドサイドに置けば、読書には十分の明かるさ・・・と言った感じ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

Arduinoコンパチ・ブレッドボード

Arduinoの消費電力

Arduinoにバッテリーを接続した時に流れる電流を計ってみました。 電流計測に使ったのは、MET

記事を読む

分圧回路へ接続

Arduinoで電圧計を作ってみる

今後、色々と太陽電池を使った電子工作をして行こうと思っているのですが、何を作るにしても電圧監視は必至

記事を読む

手作りLEDランタン

LEDランタン その2

先日作ったLEDランタンの電流制限抵抗を変えて明るさを確認してみました。 左から、1k&Ome

記事を読む

arduino-voltmeter2

Arduinoで電圧計を作ってみる その2

前回作ったArduino電圧計は、出力がシリアルでPCが無いと結果が見られない状態でしたので、今回は

記事を読む

arduino 電圧計2

Arduinoで電圧計を作ってみる その3

前回作ったArduino電圧計を、ケースに入れて完全に単体で動くようにしました。  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

太陽電池パネルにベランダの手摺りの影
太陽電池パネルの発電不良

ここの所、夕方の日没時でもバッテリーの残量が殆ど無い状態が続いていて、

Arduinoコンパチ・ブレッドボード
Arduinoの消費電力

Arduinoにバッテリーを接続した時に流れる電流を計ってみました。

手作りLEDランタン
LEDランタン その2

先日作ったLEDランタンの電流制限抵抗を変えて明るさを確認してみま

LEDランタン
LEDランタンを作ってみる

太陽電池を有効活用する為に、LEDランタンを手作りしてみました。

arduino 電圧計2
Arduinoで電圧計を作ってみる その3

前回作ったArduino電圧計を、ケースに入れて完全に単体で動くように

PAGE TOP ↑